O2部屋

カメラ、自転車、ITなど

FA 77mm Limited

個人的にはPentaxのレンズでナンバーワン。主目的が家族の写真を撮ることですから。

 

77mmで撮った写真は一目で分かるほど、際立った写りをするレンズ。とにかく嫁さんや子供が綺麗に写る。(いや元々綺麗なんだけれども)  AFや、製品品質、サポートの技術力、カメラをシステムとしてとらえた場合の充実度を考えると、Pentaxには残念な所が多いけれど、こういうレンズがあるからPentaxを諦めきれないのですよ。まぁ、趣味なので、これでお金稼いでるわけではないので、これで良いと思ってますが。

話は逸れるけど、PentaxはFA Limited神話に支えられてやってこれた感がありますね。しかしそれが、今となってはもう呪縛レベル。DAレンズだって、とても良い写りする奴もあるんだけど、どうしてもFA Limitedと比較されちゃう。光学的な性能の観点で見たら、やっぱりFAレンズって、今となっては厳しい所あるんだけど、それを個性として受け入れると、どうしてもDAレンズが物足りなく感じちゃう。現在のレベルの光学性能を維持しつつ、FA並みの個性を持たせるなんて、そりゃー難しいでしょう。それを求められて、やっぱりダメねと残念がられてしまうPentaxが若干お気の毒に感じます。早くこの呪縛から逃れて、新しい素晴らしいレンズをバンバン出してもらいたいものです。

閑話休題。 77mmです。開放付近ではピントがあった部分の周辺に薄くベールがかかったような柔らかさがありますが、ポートレイトだとこれが良い雰囲気をかもし出します。F2.5程度まで絞れば、十分なシャープさが出てきて、F4.0まで絞ると、等倍鑑賞が気持ちよくなる程解像します。だからと言って、写真全体の写りが硬くならないのが、77mmのすごい所。細く繊細な線で描写しているからでしょうか、髪の毛一本一本やまつ毛はきっちり解像してるけど、人肌や全体の雰囲気は柔らかく描写します。

ボケの美しさもこのレンズの特長。とにかく綺麗なボケ方をします。31mmも綺麗なボケですが、77mmの方が焦点距離が長い分派手にボケるので、なんとなくうまく撮れた気分に頻繁に浸れることができます。31mmの方が繊細できめ細やかなグラデーション豊かなボケ、77mmはトロッとした濃いボケという印象ですね。

欠点? ありますよ。フリンジがすごくてイルミネーションとか撮っちゃまずいし、APS-Cで使うと長くて家の中で使いづらかったり。でもイラっとはせず、まぁだったらそういう時には使わなければ良いよねと思えるレンズです。

 

 

FA 43mm Limited

FA31mmとFA77mmの存在が大きくて、あまり注目されないFA43mm。

 

個人的には超お気に入りです。FA77mmの写真が見た瞬間にすごく良いと感じる一方で、FA43mmは、後から見返してすごく良いじゃんと思うと43mmだったという事がとても多いレンズ。派手じゃないけどじわじわとくる奴ですね。

 

APS-Cで使うと換算64.5mmとなり、中望遠になるため、画角的に中途半端と言われる事が多いです。でも、家で子供達の日常を撮るのには、ちょうど良い距離がとれて、個人的にはとても使いやすいです。21mmや31mm、35mmだと、結構近づいて撮る事になっちゃうんですよね。なので、相手も撮られるぞモードに入っちゃいます。43mmだと、そこまで意識させない、警戒させない、緊張させない距離が保てるんです。

写りは、非常に細い線で綿密に描くようなシャープさ。この辺りはFA Limitedの良さですね。開放では、等倍で見るとそれほど解像してませんが、鑑賞サイズで見れば、シャープな感じを維持する程度の解像はします。F2.8以上に絞れば、等倍で見ても十分なシャープさを発揮します。

収差については、フリンジが出ることはでますが、31mmや77mmと比較するとおとなしい印象。この辺りが、31mmや77mmと比較すると個性と存在感が薄いと言われる所以でしょうか。それでも立体感は十分にでます。

色は、Pentaxのレンズの中ではだいぶさっぱりした色味。でも味気ないわけではない絶妙なところ。さすがフィルム時代の標準レンズとして作られただけあって、使いやすい色です。女性のポートレートを撮ると、非常に綺麗な肌の色が出ます。最近の肌色補正と組み合わせて使うと、嫁さんが喜んでいます。

ただこのレンズも欠点がないわけではありません。まずはボケ。基本的にはFA Limitedらしい綺麗なボケなのですが、背景によっては、ざわざわっとしたボケになるので、ちょっと気を使います。この辺りは31mmの方が綺麗なボケですね。また、絞るとボケが八角形になるのも注意してます。もう一つの欠点は寄れない事。まぁ、それでもアップのポートレートぐらいは十分に撮れるので、それほど大きな問題ではないです。それ以上よりたいときはDA35mm Macro Limitedに付け替えますし。

このレンズ、写りも優秀ですが、小さいところも素晴らしい。カメラに詳しくない大多数の人たちから見ると、F2.8通しのズームレンズなんてつけてると、やる気満々やなぁ、おっ撮るんかいなっ、という目で見られます。FA43mmだと、もっと気軽な雰囲気が出てくるので、より自然な雰囲気で写真を撮る事ができます。 K-01と組み合わせると、完全に相手を油断させる事ができて、すごく自然な写真が撮れたりします。

小さいと持ち運びも楽です。DA21mmとFA43mmだけを持って、スナップ散歩に出るとなんとも贅沢な気分に浸れます。

 

FA 31mm Limited

Webの世界では、Pentaxのレンズの中で最も評価が高いレンズ。

 

自分で使ってみた感想としては、「やっぱり自分で使ってみないとわからんもんやな」「難しいレンズやな」と言うのが正直なところ。

 

自分で使ってみないとわからんと言うのは、まぁ当たり前のことで、別にWebで皆んなが嘘ついてるわけではなくて、被写体、環境、腕、レンズの個体差等によって、結果や印象は変わってくるわけで、それぞれの意見が変わってくるのは当然だなという事に改めて気付かされましたよ。

このレンズ、Webではどう撮っても良い感じに撮れる的な言い方が多くされてますが、そうは思いません。レンズの美点、欠点、癖を理解して光の加減や構図を考えないと、期待はずれになります。

元々はフィルムカメラでの広角単焦点レンズですから、風景を想定したレンズなのでしょうね。出てくる色はFA43mmや77mmと違って、濃厚な感じです。絞って風景を撮ると、繊細な線で良く解像して気持ちの良い写真が撮れます。この辺りは、最近のDAレンズが割とはっきりした線で解像するのとは雰囲気が違います。

しかし、APS-Cで使うと換算46.5mmになり、風景専用としてはちょっと使いづらい。標準レンズ的な使い方になります。そうなってくると、絞り開放付近も使ってポートレートや家族写真なんかも撮りたくなるわけですが、これがなかなか難しい。まず、ピントを合わせたところに十分な光を当てておいてあげる事については、他のレンズより配慮が必要になります。しかし、難しくしてる主原因は、AF精度。そう、もうPentaxの持病みたいなAF精度ですよ。このレンズ、開放付近だと結構フリンジが出ます。ただこれは、味を出すためにあえて収差を残した結果だと言われています。ピントがあった部分からきめ細かくボケていくところに、フリンジが混ざると、確かに雰囲気のあるボケになります。これはこのレンズの個性なのでしょう。しかし、ピントを合わせたいところにピントが合えばの話です。合わないと、ボッケボケの写真になります。カメラもレンズもPentaxで調整済みなのですが、どうも、光線の種類や気候(?)によってもずれるようで、なかなか安定しません。

また、世間では開放からピントがあったところはシャープと言われていますが、うちの個体はそうでもないですね。やっぱり等倍でのシャープさを出そうと思ったら、F2.8ぐらいまでは絞らないと出ません。

こんな感じで扱いづらいのですが、ポートレートでも、まつげにバッチリピントがあった写真を、等倍ではなく鑑賞サイズで見ると、たまにホームランがあったりします。ちょっと引いて撮った時の立体感や、近接でのボケは素晴らしい。一発ホームランを打つと、次も打てそうな気がして、夢を見てしまうレンズです。

どこかのサイトに、「使い続ける事」と書いてありましたが、まだまだ私はこのレンズの実力に気づいてないのかもしれませんねぇ。気づく日が楽しみです。

同じぐらいの焦点距離の、DA35mm Macro Limitedを使うと、なんて使いやすいんだろうと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

KマウントレンズとAF精度

現在、ウチにはKマウントのレンズが10本いる。単焦点6本に、ズーム4本。また、過去に2本ほど売却している。これら合計12本のうち、購入後にピント調整の必要がなかったのは、たったの4本! また、カメラ本体でピント微調整すれば使えているものが2本。 12-(4+2)=6本、つまり半分は、メーカーにピント調整をお願いしていることになる。更に言うと、ピント調整してもらったにも関わらず、どうもAF精度がイマイチなのが4本。

 

まとめると、Kマウントのレンズは、50%割合でAF精度に難がある個体があり、修理に出しても66%は治らないと言うことになる。

実は、メーカーのピント調整で治った2本のうち、1本はシグマ製。つまりだ、ペンタックスには、5本のレンズのピント調整をお願いしたが、まともに治ったのは1本だけ、つまり、ペンタックスに修理お願いしても、80%は治らないとう事になってしまう。

 

薄々は感じていたけど、改めて数字にしてみるとひどいな。。。。

 

問題は二つある。一つ目は製品の精度の悪さ。もう一つは修理の品質の低さ。

Webの情報を見ていると、一律にPentaxのレンズの精度が悪いと言われているわけではないので、恐らく、当たり外れが大きいのではないかと思う。製品の検査が甘いんだろうな。。。

修理の品質については、新宿のフォーラムの方々は、いつも一生懸命やってくれていると感じる。なので、彼らを非難する気は全くないけれども、でも、、、修理に出しても治らない。。 

ハズレ玉は修理に出したからといって、どうにかなるものではないのではないか、と言う気さえしてくる。だとすると、ハズレの多いペンタックスのレンズなんて怖くて買えないと言う事になってしまう。

ペンタックスレンズ沼に下半身つかっちまった状態で、嫌な事に気付いちまったぜ。もう逃げようもないですし、FA Limitedとか大好きなレンズもあるので、このままペンタックスで行くつもりです。ペンタックス・リコー様、なんとかしてください。

 

カメラの質感

カメラの質感とは、見た感じ、持った感じ、ボタン押した感じなど、五感で感じる部分の事です。ええ、写し出される写真の質には全く関係のない所です。また、操作性といった実益のある話でもありません。でも趣味ですから、そういった部分で楽しむのも良いことでしょう。

ペンタックスデジタル一眼レフ、特にK一桁機は、この部分は非常に優れていると感じています。K-5やK-3の、精度の高いものの塊感は、それだけで満足感を味わえます。特にLimitedレンズをつけた時は、手で持っているだけでもなんとなく気分が良いものです。また、K-5系、K-3系のシャッターフィーリイングも秀逸です。K-5系の"クシュ"という感じの静かな、それでいて確実な感触は非常に気持ち良いものがあります。この感触を味わいたいがために、無駄にシャッターを押したくなります。K-3系は、それに比べると若干金属的になりましたが、精密な感じが高まり、これも好きですね。

一方の、K二桁機ですが、プラスチックの外装ということもあり、どうしても見た目や持った感じの質感ではK一桁機には勝てません。しかし、プラスチックな分、軽いというメリットもあります。心理的な軽さにも繋がるため、散歩とか日頃ちょっと持ち出すケースでは、K-5 IIsよりも、K-70を選ぶ回数が増えています。やる気満々な感じがしないところが良いんでしょうかね。カメラ詳しくない人(っていうかそっちが大多数)が見たら、どちらも大差ないのでしょうけれど。こんな感じなので、K二桁機の質感も不満はないのですが、シャッターフィーリングは好きになれません。例の"バシャン"という元気な音です。購入した当初は、そのうち慣れるだろうと思っていて、だいぶ慣れてはきているのですが、K-5 IIsを使うたびにその感覚がリセットされ、やっぱり慣れません。

シャッターフィーリングといえば、K-01。もう手元にはないのですが、K-01のシャッターフィーリングってよかったよなぁ。。。あのカメラ、ボディの質感をどうこう語る機種ではないけれど(SDカード入れるところのゴムのフタの作りに至っては、質感を語る資格はないと断言したいけど)、画質はびっくりするぐらいよかったり、シャッターフィーリングみたいにマニアっぽいところが良かったり、AFピーキング機能や、水準器のような風景撮りに嬉しい機能がついていたりと、なかなか良いカメラだったなあ。。。

ペンタックスと人肌

K-70を買ってよかったと思うのは、人を写す時。人肌の色がとても綺麗にでる。これまで、K-5, K-01, K-5IIsと使ってきたけど、人肌を綺麗に写すためにはだいぶ気を使いました。まず色がきつい。風景なんかは色が派手目に写った方が見栄えがよいし、ちょっとぐらい色が派手目に出ても、人間あんまり違和感を感じない。でも、人肌となると、ものすごく敏感に違和感のある色に反応する。カスタムイメージを人物に設定しても、相当色が濃いめ。彩度を-1もしくは-2に設定することが必要でした。

また、K-5 IIsまでのペンタ機は、色がきつい上に、光線が良くない状況だと黄緑っぽい色が混じる。誤解を承知で少し極端な言い方をすると、蛍光の黄緑。これを回避するために、色相は必ず-1して、黄色を打ち消してあげる必要がありました。

こういう設定をしても、ホワイトバランスが安定しないため、順光の太陽光やフラッシュなど、相当安定した光源でないと、やはり人肌が変な色に。子供達の写真を撮ることがメインだったので、この人肌問題は相当悩みましたよ。真剣にキャノンに戻ろうかと考えたことも。(FA Limtiedの存在がそれを引き止めていましたが、その話はまた別の

機会に。)

K-70では、ホワイトバランスをマルチパターンオートにして、カスタムイメージを人物かナチュラルにしておくと、ほとんどの場合で人肌が綺麗に写ります。ただ、そこはペンタックス、見た目に忠実かと言われるとそうでもありません。しかし、だからと言って違和感のない、綺麗な肌色を出してくれます。なかなかよいチューニングがされているのではないでしょうか。ペンタックスで肌色が綺麗と思えるなんて、感慨深いものがあります。

人物撮影といえば、人肌補正。この機能、相当気に入ってます。なんでもっとアピールしないんだろ。色を補正するType1と、加えて明瞭度をマイナス補正するType2があります。Type2はちょっとやりすぎ感がでる時がありますが、決まった時には、それなりのお肌が、透明感のある綺麗なお肌になります。嫁さんからは、私撮るときにはType2でとのご指名をいただくほどの機能です。嫁さんに全く理解されないカメラ機材ですが、この機能だけは強烈アピールです。ただ、最初からツルピカの子供の肌をType2で撮ると、やりすぎ感みえみえです。人肌補正をオンにすると、撮影後に処理のための時間が必要となるので、オフにしておいて、後で気に入ったものをカメラ内現像で人肌補正をかけるというやり方がよいと思います。

Pentax K-70 Overview

Pentax K-70を入手しました。 半年ほど使ってみたので、オーバービュー的なインプレッションです。 K-5IIsとの比較を交えて。

▪️画質

難しい事を考えずにフツーに撮って、綺麗に撮れる。処理エンジンの進化か。全体の印象は、K-5IIsはパサついたカリッとした感じを受ける一方で、K-70は綿密でなめらかな印象。人肌をとるときは、K-70のほうが好ましい傾向。

人肌といえば、肌色補正が素晴らしい。色のみの補正のType1と、加えて明瞭度(?)を補正するType2がある。どちらも好印象。Pentax機で人肌が綺麗と思えるなんて素晴らしい事です。

 ホワイトバランスも概ね良好。K-5のように、突然暴れるような事も今の所無し。リコーの技術であろうマルチパターン・オートも、通常のAWBと比較すると若干控えめな発色で良い。

露出の安定は嬉しい改善。これはK-5系の泣き所だっただけに安心感がある。

あと、色の出方がK-5系のきつい感じではなく、自然にみえるけど地味すぎない発色がよい。この辺りは画像処理エンジンの進化か。

シャープさは、K-5IIsが太く力強く解像する一方で、K-70は細い線で綿密に解像している印象。ぱっと見はK-5IIsのほうが解像している印象を受けるが、K-70も十分な解像感。

巷では、ノイズ耐性が良いと言われているが、センサー性能が良いというよりも、処理エンジンでなんとかしている感じが強く、個人的には、それほど高感度に強いというイメージではない。問題なのは低感度でのノイズによるざらつきがある点で、明らかにK-5 IIsの方が優秀。(等倍にしないとわからないといえばわからないので、問題ないといえば問題ないけど、どうしても等倍で見ちゃうんだよね。)日の出などの明暗差の激しい風景や、トリミングしたくなる鳥撮りでは結構この点はマイナスポイント。K-5IIsのセンサーは素晴らしく優秀ということなのだろう。

K-5IIs比で、エンジン完勝、センサー完敗。両方知ってしまうと、片っぽずつだと満足できないのよ。どうにかならんのかな。K-3IIもセンサーはK-70と同様のはずだから、次世代機種に期待か。

▪️使い勝手

バリアングル液晶すばらしい。これが欲しくてK-70を買ったようなものだ。

操作系はK-5系とは違うが、どちらがよいというわけではなく、慣れの問題。

ただ、ダイヤルや再生ボタンを右側に移したのは正解。撮影から画像の確認までを右手だけで行える。

カスタムイメージのボタンがなく、メニューに入らないと変更できないのはちょっと退化。

バッテリーの持ちは明らかにK-5系より悪い。液晶使って撮っているとみるみる減っていく。予備バッテリー買わないと。

K-5と比べると、明らかに小さく、軽い印象。心理的に軽い気持ちになります。

▪️AF

スペック的にはK-5IIsとおなじはず。だがK-5IIsほどじゃない印象。位相差AFでピントが合う時とあわない時があり、暴れる印象。この辺りはK-5IIsのほうが安定感がある。スペックはおなじ筈なんだけど、個体差ってやつ?? 新宿のイメージングスクエアで見てもらうも、問題なしとのこと。個体差なんだね。ペンタックス、個体差大きすぎないか??

ライブビュー時のハイブリッドAFは、はっきり言って期待はずれ。顔認識やAUTOだとちょっと早いかなと思うが、それ以外のモードだと全く体感できず。マクロレンズ使った時の遅さも相変わらず。

▪️機能

機能的には十分すぎるぐらい搭載されてます。ただ、使うかどうかはそのひと次第。人肌補正はヨメ撮るときは必須。もっとアピールしてもよいんじゃないかと思うぐらい。リアルレゾリューションは、風景に使いたいけど、動体補正使ってもやっぱり不自然なことろが残るので、まだ本格的に使うのは難しいか。明瞭コントロールは、Lightroom使いからすると明瞭度とおなじなので、わざわざ調整幅の少ないカメラ側でやるかと言われると微妙。エントリー機なのにAF微調整が付いているのは、ペンタックスの良心?